忍者ブログ

2014
08
21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/08/21 (Thu.)

PR

2011
11
02

戦国IXA考 キャップと兵30ノック

 攻撃力2000以上の武将に兵30持たせてノックすると、その結果で相手の守備部隊数がわかる。相手に与えたダメージと部隊数の関係は以下のような感じになる。

ダメージ 予想部隊数
30~28 1部隊
27~26 1~2部隊
25~24 2~3部隊
23~22 3~4部隊
21~ 4部隊以上


2013/02/04 更に修正。

 このノックはキャップを利用し相手に30の被害を確実に与え、その被害の分配で端数が切り捨てられることから部隊数を予測するというもの。

 キャップとは、勝利側の兵被害は敗北側の指揮兵数が上限になるという制限のこと。
 例えば、敗北側の被害が総攻防比の計算から兵数100だったとしても、敗北側の指揮兵数が30ならダメージは30になるというもの。

 勝利側の被害は総攻防比が幾つであっても敗北側の総攻(防)の2%程度になる。このことは兵被害の式に一般的な値を代入することで求められる。これは2%キャップと呼ばれる。
 例えば、敗北側が総攻(防)10,000のときは、勝利側の被害はその2%にあたる200になる。ただし、上述のキャップがあるので指揮兵数が200未満なら指揮兵数が上限になる。
 ということで、2%キャップは実はキャップではないのでダメージ2%則とでも言うのが良さそう。

 上記のことから、攻撃力2000以上の武将に兵30もたせれば、相手に30のダメージを与えることになる。ダメージは、相手の部隊に各武将の総防の逆数の比で分配される。このとき端数は切り捨てになるので、30からの減少分によって部隊数(武将数)を予測することができる。例えば武将が2人だったとき、比が整数でない限り端数が出る。端数は切り捨てられるのでダメージは29となる。
 ということで、30から減ったダメージの2倍程度の武将がいると考えるのが基本である。

2011/11/02 (Wed.) Comment(0) 戦国IXA

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2014/08 09
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

広告

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索

最新CM

[12/25 マスター]
[11/04 マスター]
[07/13 スワン]
[07/04 フェザント]
[05/14 けんと]

最新TB

リンク

プロフィール

HN:
RK
性別:
非公開

バーコード

RSS